鉄☆輪☆温泉

鉄道に輪行して、サイクリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車での輪行旅、サイクリング、そのほかお出かけ記録を綴ります。

南総鉄道跡ポタ②笠森寺~茂原、一宮海岸へ

上総鶴舞から笠森寺までやってきました。

観音堂の迫力に圧倒されたところで、南総鉄道跡ポタに戻ります。

茂原〜笠森寺間は1930年に敷設された初期開業区間。笠森寺駅跡から茂原方に進みます。


f:id:masaru-arameya:20220112105119j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105102j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105130j:image

深沢バス停。この辺りに深沢駅もあったのでしょう。そして引き続き南総鉄道の路盤は国道409号線として生かされています。トンネルが2つ続きますが、道路として拡張されたそうですね。


f:id:masaru-arameya:20220112105308j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105324j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105315j:image

蔵持バス停。上総蔵持駅跡付近から、南総鉄道跡は国道の南側を走っていたようです。

茂原から鶴舞に直接向かうルートはここで分かれます。笠森寺を経由してから鶴舞を目指すと、越えるべき山が増えるので、南総鉄道の工事費が嵩んだ要因かなと思いました。

長南、長南元宿駅付近は旧道がありますが、特に痕跡はわかりません。。。

南総鉄道の開業前は、人車鉄道(県営軌道庁南線)が1925年まで茂原からこの辺りまで結んでいたそうです。かつての中心地だったようですね。


f:id:masaru-arameya:20220112105538j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105545j:image

千田バス停。周辺はコメリ等のロードサイド店が並んでいます。千田駅もあったようです。その近くには、高速バス利用者向けの無料駐車場がありました。茂原から羽田空港横浜駅行きが停車。圏央道アクアラインもできて房総の交通網は激変したもんだ。。。


f:id:masaru-arameya:20220112105618j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105625j:image

南総鉄道は三途川の流域を進みます。そんな名前の川を渡るのは縁起悪い気もしてしまいますが、、、その地点に橋台?が残っているとのネット情報ですので、ちょっと覗いて見ましたが、なんだかよく分かりませんでした。。。


f:id:masaru-arameya:20220112105842j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105845j:image

豊栄駅のあったあたり?国道の脇にスペースがあるので路盤跡なのでしょうか。


f:id:masaru-arameya:20220112135630j:image

f:id:masaru-arameya:20220112135627j:image

 ガソリンスタンド付近から、少し高まりが続いていきます。おー!!完全に路盤跡ですね。写真ではわかりにくいですが、盛り土の北側斜面に雪が残っています。路盤の上は畑に活用されていました。ちょうど幅いっぱいに。

 やっと南総鉄道の痕跡らしい痕跡をみることができてテンションが上がります!(右の写真をアイキャッチ画像にしましたが、なんのこっちゃでしょうかね。。。)


f:id:masaru-arameya:20220112105937j:image

f:id:masaru-arameya:20220112105940j:image

その後、路盤は住宅にもなっていました。そのまま茂原方面にまっすぐ廃線跡を進みます。

米満駅というのもこの付近にあったようですが、まさに田んぼのど真ん中だったんでしょうかね。


f:id:masaru-arameya:20220112110132j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110135j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110128j:image

 圏央道と交差するあたりから、南総鉄道は進路を北に変えて、須田駅を過ぎ、一宮川を渡ったようなのですが、、、、この辺りは全然わかりません。。。迂回して一宮川左岸に来ましたが、上茂原駅があったようですけど。。。


f:id:masaru-arameya:20220112110237j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110240j:image

国道409号の一本北側のまっすぐな道が南総鉄道跡のようですので、進んでまいりますと住宅にぶち当たりました。


f:id:masaru-arameya:20220112110311j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110315j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110317j:image

ここからも、廃線跡はよく分かりませんでした。
藻原寺(そうげんじ)前には藻原寺駅があったようです。茂原市役所付近から、


f:id:masaru-arameya:20220112110401j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110358j:image

茂原駅に到着しました。これにて南総鉄道完乗です!


f:id:masaru-arameya:20220114085255j:image

f:id:masaru-arameya:20220114085252j:image

 さて、締めの一風呂ですが、茂原付近にはお風呂がないみたいなので、一宮町まで行くことにします。

 一宮川沿いには「長生茂原自転車道」があるので、川沿いサイクリングロードでラクラクで行ってしまいたい!!と思ったのですが、サイクリングロードは全面通行止め。しかもどこからどこまで工事されているのか、ようわからん。。。


f:id:masaru-arameya:20220112110656j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110650j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110653j:image

迂回しては川沿いに戻ったりしてみますが、堤防の工事中がずっとつづきます。まだ数年かかる大規模工事のようです。令和元年台風の影響ですね。。。


f:id:masaru-arameya:20220114085106j:image

f:id:masaru-arameya:20220114085109j:image

 諦めて国道128号線を一気に進みまして、九十九里浜、一宮海岸に到着です。さすが昨夏の国際的大運動会サーフィン会場付近。高級外車がたくさん止まって、サーファー結構います。この1月に海に入るなんて酔狂な人たち。。。って、南総鉄道跡めぐる方が100倍酔狂か。。。といつもの1人ツッコミしながら、海とサーファーを眺めながら、のんびりコーヒータイムです。

今日は雪が残ったところも走ったので、かなり汚れました。。。


f:id:masaru-arameya:20220112110821j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110827j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110824j:image

 一宮海岸から、少しだけサイクリングロードを走って、「一宮シーサイドオーツカ」で一風呂いただきます!こちらの「古代海水の湯」は、「お茶入れた?」と言いたくなる緑色のお湯。

 昨年、銚子から九十九里浜を走った時にも締めの一風呂に立ち寄りましたが、

 その時は電車の時間があって、ゆっくりできませんでしたが、今回は緑のお湯をゆっくり堪能。温まらせてもらいました!!


f:id:masaru-arameya:20220112110911j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110904j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110907j:image

 

 上総一ノ宮駅からE235系グリーン車で帰路につきます。お土産は九十九里オーシャンビール。エールタイプにしましたが、香り豊かで美味しかった!


f:id:masaru-arameya:20220112110944j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110948j:image

f:id:masaru-arameya:20220112110951j:image

 急遽予定変更できたので、リサーチ不足なところはありましたが、南総鉄道跡、面白かったです!!現地であっちかこっちかと、迷いながら行くのも楽しいものです。

 ↓↓ブログランキングに参加中!バナークリックで応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
 

 ところで、取手→佐原→銚子→一宮→上総鶴舞→五井及び養老渓谷とログがつながったというのも自己満足。

 菜の花の頃には、小湊鉄道いすみ鉄道沿線のログつなげもやりたいな。B.B.BASEが再開したら、今回断念した一宮から鴨川方面にも行こうと思います。

f:id:masaru-arameya:20220113152159p:plain