鉄輪☆温泉

鉄道に輪行してポタリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車×鉄道ライフとお出かけ記録をつづります。

廃線跡ポタ

東濃鉄道「笠原線」跡ポタ

東濃鉄道「駄知線」跡を辿った後は、10㎞ほど走りまして、 コチラの広くなっている不思議な道にやってきました。 この鉄枠構造物は何でしょう。。。?高さ制限? ここは東濃鉄道(東鉄バス)の笠原車庫。 東濃鉄道笠原線の笠原駅があったところです。 東濃…

東濃鉄道「駄知線」跡ポタ②下石~東駄知

駄知線の廃線跡ポタは、 下石駅から先はゆるゆると 登っていきます。県道より高いところを通り、森の中を抜けます。 土岐市総合公園の裏手を過ぎると 自転車歩行者道が終わり、道なりに進むと、 山神駅跡を示す看板が出てきました。 ホームも残っています。 …

東濃鉄道「駄知線」跡ポタ①土岐市~下石

GWの話に戻りますが、中央製紙専用線跡をポタした後は、 中津川駅から輪行し、土岐市駅で解除! 駅前に美濃焼の大きな壺が展示されています。 土岐市、多治見市辺りは美濃焼の産地で有名です。 そして、その美濃焼、窯業関係の資材、陶磁器等の製品運搬のた…

中央製紙中津工場専用線跡と五平餅ポタ

ここまで北恵那鉄道跡をポタしてきましたが、 バスで中津川駅に戻り、また廃線跡ポタを続けます。 中津川駅から、かつて中央製紙中津工場への専用線がありました。 名古屋方面に向かうと中央線から左に分かれていきます。 これが専用線跡ですね。1969年…

北恵那鉄道跡ポタ⑤美濃下野~下付知(完)

北恵那鉄道のハードな廃線跡を辿ってきました。美濃下野の先も 付知川の右岸の厳しいところを線路が通っていたようですが、入るのは厳しそうなので、左岸の国道を進んでいきます。 「新寝覚の床」と名付けられているところもあり、かなり渓谷美です。きっと…

北恵那鉄道跡ポタ④栗本~美濃下野

栗本駅跡までやってきましたが、 ホーム跡手前にはこんな看板がありました。 要するに道として管理はしていないということですね。 怖い気もするけど、行けるところまで押し歩きベースで行ってみるか。 地図を見ると、この先に福岡大橋という橋があるので、…

北恵那鉄道跡ポタ③上苗木付近~栗本駅跡

北恵那鉄道跡ポタを続けます。 苗木駅、上苗木駅付近は区画整理がされているようなので、国道を進みます。上苗木駅跡付近で北恵那鉄道は国道257号線を斜めにわたり、次の並松に向けて一山超える感じ。 国道はかなり登っていきます。線路は迂回していると思う…

北恵那鉄道跡ポタ②恵那峡口~苗木

恵那峡口駅跡付近を進んで行きますと、 集落の山側を緩やかに登っていきます。 「木曽川橋梁」の奥に、半分だけかかっている橋のようなものが見えますが、このあたりでリニア中央新幹線は木曽川を渡るようで橋梁工事が始まっています。 いずれ奥の山頂、苗木…

廃橋梁連続!!北恵那鉄道跡ポタ①中津町~恵那峡口

GWに1泊2日の輪行ポタ。岐阜県は東濃エリアにやってきました。 まずは北恵那鉄道の廃線跡巡りから!中津川駅をスタートしますが、 北恵那鉄道は中津川駅に近接した中津町駅から下付知駅を結んでいた約22㎞の路線。1978年に廃止。 中央本線との連絡線跡がスロ…

「国際埠頭専用線」ポタ

GW3日目。汽車道が混んでいるのが見えます。 横浜は混むからGW行かないと, 「X」にはつぶやいていたのですが。嘘つきな私。 さて、みなとみらいを抜けて、やってきたのは、 神奈川臨海鉄道本牧線の横浜本牧駅です。 以前もやってきましたが、 その時初めて、…

横浜水道みち「トロッコ」跡①境川〜米軍住宅

GW突入ですが、近場輪行ポタへ。 南町田グランベリーパーク駅で輪行解除。 鶴間公園内の奥から、まっすぐ伸びてくる道が道路の反対側では 不思議な空間があります。マンホールには「横浜市」。ここは東京都町田市ですが。 奥に境川がありまして、 アーチがか…

中央東線旧線跡「立場川橋梁」

1904年に建設された「立場川橋梁(中央東線旧線)」と築堤上に残る廃線跡を見てきました。

九十九里鉄道跡ポタ②九十九里町内

九十九里鉄道の廃線跡を続けます。 「軌道道」は、九十九里町に入ると自転車歩行者道になっています。 右側のブロックは線路を思わせるパターンになっていますね。 「きどうみち」と書かれています。(※これは戻りに撮った写真) 房総半島のこのあたりは天然…

九十九里鉄道跡ポタ①東金市区間

B.B.BASEで銚子に行き、銚子電鉄駅巡りポタの後、 東金駅からこの日2回目のポタリング。 このバスのカラーリングは「小湊鐡道」って思うでしょ? しかし「九十九里鐡道」のバスです。 かつて東金から片貝を結ぶ、海側に伸びていく8.5kmの軽便鉄道がありま…

京王御陵線跡ポタ

横浜線「八王子みなみ野駅」を初めて下車します。 聞き間違えて、慌てて降りちゃう人いるんでしょうね。注意書きがあるのが面白い。 「八王子みなみ野駅」は1997年開業。もっと最近かと思ってました。。。 開業前の仮駅名は「宇津貫」でした。その方が、降り…

住友セメント浜松工場専用線跡ポタ

雨が段々強くなりますので、奥山駅跡から 下ってきたところで、鰻屋さんを見つけピットイン! 13時頃少し雨が小降りになりそう。ひまつぶしにひつまぶし。 うまー!!浜松エリアは本当に鰻屋さん多いですね。 しかし、雨の弱まる気配なし。。。金指駅から輪…

遠州鉄道奥山線跡ポタ④金指~奥山

天浜線(天竜浜名湖鉄道)掛川行が通過。 前身は国鉄二俣線。掛川と新所原を浜名湖の北側を通って結んでいます。 戦時中、海沿いを走る東海道本線が攻撃を受けた場合の迂回路線としての目的もあって1940年に全通。 金指を出た奥山線は、国鉄二俣線の上を跨い…

遠州鉄道奥山線跡ポタ③都田口~谷~金指

都田口駅を出ますと、奥山線は西へ向きを変えます。 地図で見ると、その廃線跡らしきカーブがありますが、その道は私有地でした。 お茶畑が出てきました。奥山線はその向こうを通っていたようです。 実は丘陵の高い位置に来ていたようで なんだか静岡鉄道駿…

遠州鉄道奥山線跡ポタ②広沢~小豆餅~都田口

広沢駅跡のカーブを抜けると、出てきたのは広沢トンネル。立派なレンガ造り。 www.youtube.com 広沢トンネルの先には、モニュメントがありました。 まるで999です。ラッキョウ軽便よ。永遠なれ。 基部のトンネルは亀山トンネルを模しているのかな。 今よく見…

遠州鉄道奥山線跡ポタ①遠州浜松~広沢

前日浜松入りしましたが、あまり天気よくないので、ハマイチはまたの機会にしました。無念。やはり湖は天気が良い方が楽しいしね。 午後の天気が雨ならば、午前中に廃線跡ポタはできないかなー。 前日地図を見ていたら面白そうな廃線を見つけました。 浜松の…

湯楽城と成田鉄道跡(多古線:成田〜法華塚)

本年もどうぞよろしくお願いします。そして、令和6年能登半島地震で影響を受けた皆様にお見舞い申し上げます。いくばくかの後ろめたさ?みたいなものを感じつつのブログ更新。今の時点で直接自分ができることは少ないし、義援金募金等は少しずつやっていきた…

片上鉄道跡ポタ⑤和気駅~片上駅

片上鉄道は和気駅から、 南に向かい、山の方へ。 少しずつ登っていきます。中山駅を過ぎると 山の中という感じに。 林を抜けると「清水駅」が出てきました。 そして峠清水トンネルが片上鉄道で一番高いところ。柵原よりも高いのですね。2キロで海の近くまで…

片上鉄道跡ポタ④苦木駅~和気鵜飼谷温泉~和気駅

苦木駅から先に進みます。 「片鉄ロマン街道」には鉄道標識みたいな距離標識が設置。片上鉄道の片上駅からの距離だともっと良いですが。 貨物駅の井ノ口駅があったところ。片上鉄道は1923年1月にまず片上~和気まで。そして同8月までの井ノ口駅まで延伸して…

片上鉄道跡ポタ③吉ヶ原駅~苦木駅

吉ヶ原駅から片上鉄道廃線跡を利用した「片鉄ロマン街道」がスタート。 とてもきれいな路面です。追い風でどんどんスピードがでていきます。気持ちよく走れます。 飯岡(ゆうか)集落付近は、片上鉄道跡とは離れます。 片上鉄道は吉井川を直接渡っていました…

片上鉄道跡ポタ②柵原鉱山史料館と吉ヶ原駅

片上鉄道跡ポタを続けていきます。 「黄福柵原駅」から400mほど進むと、「吉ヶ原駅」があります。 まずはすぐ横の「柵原鉱山資料館」に行きまして、そもそもなぜ片上鉄道があったのか、まずはお勉強。 館内に入るとかつての賑わいがわかる鉱山町の「にぎわい…

片上鉄道跡ポタ①柵原駅跡と「黄福柵原駅」

トンネルを出ますと、 公道は右カーブをしますが、 あそこの段差。怪しすぎます。 「DOWAエコシステムジャパン(株)」敷地の現在ですが、 片上鉄道の柵原(やなはら)駅があったところ。そして、かつての柵原鉱山の中核部です。 鉄路の雰囲気が残っていて、…

水島臨海鉄道沿いポタ(東水島~倉敷貨物(タ))

この奥には水島臨海鉄道の貨物駅、東水島駅があります。 コンテナ基地になっていますが、こちらの道路から見にくい。 池の向こうに線路がありまして、 沿って西に向かうと、南に向かう廃線跡がありました。 もう一本西側には、南北に延びる歩行者・自転車道…

下津井周辺ポタ

下津井電鉄跡を辿った後は、 下津井周辺をポタポタと。 下津井はタコが特産だそうで。 タコがジャイアントスイングされている?? 干しダコが名産品だそうです。 瀬戸内海は本当に気持ちいい。 さすが晴れの国岡山。 自転車遊びには最高ですねぇ。 瀬戸内海…

下津井電鉄跡ポタ④下津井駅

下津井駅をじっくりと堪能です。 ホームは片面+島式で3番線まであったようですね。保存会が管理されているようですが、この日は活動日ではないみたい。 各車両に近づけなかったのは残念でした。 こちらモハ1001号は、元「赤いクレパス号」。落書きが車内は残…

下津井電鉄跡ポタ③児島~下津井「風の道」

児島駅を出発!かつての駅名標のあるホームからそのまま自転車で進めます。 廃線跡は「風の道」として歩行者・自転車道に整備されています。 以下の地図のとおり、児島半島南にある山塊を迂回しながら下津井に向かっています。(ただこの地図下津井辺りの海…