鉄・輪・温泉~てつ・りん・おんせん~ 

鉄道に輪行して、サイクリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車での輪行旅、サイクリングの記録をメインで公開しています。

「鬼の和田峠」と陣馬の湯

今回は陣馬山近く和田峠にチャレンジです。

京王線高尾駅に向かいます。京王ライナー用5000系運用の特急がやってきました。乗ってみたかったので、これは幸先よい!

平日ですが、ラッシュ後。がら空きの中、とても座りごごちのよいシートを楽しんで、


f:id:masaru-arameya:20211021092256j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092259j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092254j:image

高尾駅をスタートします。多摩御陵や八王子霊園の横を登り下り繰り返して、川原宿から


f:id:masaru-arameya:20211021092348j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092345j:image

陣馬街道を進みます。のどかで気持ちいいです。川の水が透き通っています。リンゴ園もあったりして、東京都内とは思えませんね。


f:id:masaru-arameya:20211021092429j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092431j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092434j:image

 「夕やけ小やけふれあいの里」で一休み。陣馬街道を走りながら、そういえば、ボンネットバス走っていたけど、どうなったかなと思っていたのですが、こちらで大切に保存されていました。

 でもボンネットバス近くにいくには入園料が発生するので、、、陣馬街道からのぞき見したり、遠くから拝んだり。このトラック感いいですなー。。。夕焼け小焼けで日が暮れて~♪は、この地の情景が歌われていて、八王子駅の駅メロにもなっていますね。


f:id:masaru-arameya:20211021092519j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092522j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092517j:image

さらに進みますと、絵本に出てきそうなレトロオシャレな郵便局がありました。道が細くなっていきます。


f:id:masaru-arameya:20211021092554j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092551j:image

陣馬高原下バス停に到着です。いよいよ来たか。。。


f:id:masaru-arameya:20211021092645j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092642j:image

いろんな自転車乗りの方のブログも読ませていただきましたし、手元の自転車関係の本には『「鬼の和田峠」と呼ばれ、、、』と書かれています。そりゃ峠だからキツイ登りでしょうけど、誰が言ったか知らないが、「鬼」は言いすぎじゃない?なんて内心思いながら、進みます。

ところが、いきなり壁みたいな激坂に。写真では伝わらないかもですが。

登山道が左に分かれて


f:id:masaru-arameya:20211021092736j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092733j:image

更にキツイ。一番軽いギアでも足りない。。。ほぼ止まるんじゃないかというスピードで、一漕ぎ一漕ぎすることだけに集中しますが、太ももが悲鳴を上げていきます。ずっとレッグプレスを片足ずつやっているみたい。。。。でも、押し歩きしないで頑張りたい・・・。


f:id:masaru-arameya:20211021092810j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092807j:image

途中一か所だけ展望が開けるところがあります。都心方面を遠く見渡せましたが、、、、顔中汗だらけで、目にしみます。
ヘアピンカーブは、大外の大外を通り、できるだけ勾配がゆるやかになるよう、なんとか進み。。。。


f:id:masaru-arameya:20211021092835j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092838j:image

這う這うの体で、、、和田峠に到着。。。

なんとか押し歩きすることなく、登りきった自分をほめてやりたい。。。

左の和田林道完成記念の石碑には神奈川県知事名が書かれ、右の看板には「東京都」とも書かれています。ということは、前輪は神奈川県、後輪は東京都。この道路の線がきっと境目ですね。


f:id:masaru-arameya:20211021092929j:image

f:id:masaru-arameya:20211021092925j:image

和田峠アタック前に「夕やけ小やけの里」で何かお腹に入れようとおもったのですが、売店はお休みでした。その分和田峠売店カップラーメンを買って一休み。。。峠自体は展望はありませんが、少し下りますと、


f:id:masaru-arameya:20211021132424j:image

f:id:masaru-arameya:20211021132421j:image

ドドーン!!

f:id:masaru-arameya:20211021214617j:image

前日は雨でしたし、雪化粧した富士山が、とてもきれいに見えました。眺望を楽しんだ後は、一気に下り和田バス停に到着。来た方向を振り返ります。この辺りはゆずの里で、斜面には茶畑も見えます。

この「佐野川地区」は「にほんの里100選」に選ばれていて、雰囲気良い集落ですが、勢いで下って行ってしまいました。。。。ちょっと勿体なかった。


f:id:masaru-arameya:20211021093100j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093058j:image

「鉄・輪・温泉」とタイトルつけておきながら、近くに温泉があるのに、そのまま下ってしまうわけにはまいりません。栃谷川に沿って、陣馬の湯を目指していきます。


f:id:masaru-arameya:20211021093132j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093135j:image

でも、先ほどの和田峠を彷彿とさせる登りが、、、きついよー。。。


f:id:masaru-arameya:20211021093206j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093204j:image

 またヨロヨロになって、「陣馬の湯」の一つ、「陣谷温泉」で一風呂いただきます。高尾駅をスタートする時に日帰り入浴が可能か電話で聞いて、13時くらいに行くと言っていたのですが、30分くらい遅れちゃいました。。。。

 分析書は見当たりませんでしたが、ネット情報ではアルカリ性単純泉のようですね。窓から渓谷も望めて、木漏れ日の中のヒノキ風呂の香りでリラックスして汗を流させていただきました。誰もいない貸し切り状態でしたが、4人くらいが限界そうなお風呂なので、ハイキングシーズンの休日等は混みそうですね。


f:id:masaru-arameya:20211021093335j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093436j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093306j:image

一風呂いただいた後は、藤野駅に向かいます。最後一登りして、少し特徴的な形をしたトンネルを抜けて藤野駅に到着。


f:id:masaru-arameya:20211021093810j:image

f:id:masaru-arameya:20211021093807j:image

 藤野駅の観光案内所売店で、何か面白いものないかとみてみますと、先ほど見かけた佐野川地区産の茶葉が売っていましたので、迷わずお土産にしました。

 Stravaで振り返りますと、

f:id:masaru-arameya:20211021142353p:plain

 陣馬高原下から和田峠まで45分かかりました。

 この区間では過去6012人中、5658位とのこと、、、いやいや自転車はスピードなんかじゃない。。と思いつつも遅い。。。早い方は12分で登っちゃうようですね。。。でもロードバイクって、確かひとこぎで私の折りたたみ自転車の3、4倍くらい進むじゃないですか。。。(な、わけないか。)

 「佐野川地区」のことを今回初めて知ったので、また来てみたいと思いますが、その時は和田峠ではないところから来ることにします・・・。

 「鬼の和田峠」はマジでした。。。

 押し歩きの誘惑に負けずに登り切ったことに免じて、バナークリック頂けたら嬉しいです。

 ↓こちらもどうぞよろしくおねがいします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

「#ワークマン女子」で、つい。。。

 寒くなってきまして、秋冬物の靴下がダメになっていることに気づきました。

 職場から昼休みにどこかで買おうかと思って、そういえばワークマンは無いのかな?探してみると歩いて行けるところに「#ワークマン女子」の店舗があるみたい。

 女子向けしかないのかな?と思ったら、男向けもあるのですね。それならば、と靴下を買いに行ったのですが、、、、

 こんなタグ見てしまうと、我慢できませんね、、、


f:id:masaru-arameya:20211019203832j:image

f:id:masaru-arameya:20211019203829j:image

心をとらえて離さないコンセプトなんですもの。「声のする方に、進化する。」サイクリストの意見を反映しているそうです。また、お値段も、おとーさんのお小遣い事情をわかってくださっています。これは買わない手はありません。

色は蛍光黄、赤、青、黒、シルバーがありまして、地味さと視認性確保の観点で、シルバーにしてみました。

正直、生地の質感としては、お値段との兼ね合いは感じます。ザ、化学繊維。すぐ傷むかもという印象は持ってしまいましたが、

 


f:id:masaru-arameya:20211019202524j:image

f:id:masaru-arameya:20211019202528j:image

腰回りは「ずり上がり防止テープ」となっていて、着てみると確かに上がらなさそう。アルファベット書いてあるところが特に滑りにくくなっているみたいですね。

脇も背中もメッシュで、蒸れ防止になっています。

前にはファスナー付きポケットが2つあって、サイドからバックにかけて5つのポケットがあります。まさにサイクルジャージの機能が充実です。


f:id:masaru-arameya:20211019202653j:image

f:id:masaru-arameya:20211019202656j:image

 バック中央部のポケットには、外側にポケットがあり、ファスナーに沿って反射材もついています。

 収納力めっちゃありますね。ペットボトル入れて着てみますと少し重いかなと思ったのですが、ウェストバックだと思えば一緒ですね。ちょっと冷たさは感じますが、でも寒い季節に使うのでドリンクは常温で問題ないな。これはウェストバックいらずですね。


f:id:masaru-arameya:20211019202716j:image

f:id:masaru-arameya:20211019202719j:image

いわゆるサイクルジャージのイメージとして、私のような折りたたみ自転車平均15km以下の者が着ると、ちょっと違和感が。。。と手を出していませんでしたが、その背中の4次元ポケット的機能はうらやましく思っていました。

 この機能はまさにあこがれていたもの!!そして、デザインが落ち着いているのが私にはとっては好印象です。

 羽織ってみると、かなり暖かいので、実際着るのはもう少し寒くなってからかと思います。使用感は実際使ってみないとわかりませんが、この機能充実とお手頃さを考えますと、、、、

 これから同じ格好の方をサイクリングロードでお見かけする機会が増えそうな気がします。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

 

都港湾局専用線跡と晴海ポタ

 越中島貨物駅の先は都港湾局専用線豊洲・晴海に向かって、伸びておりました。

 

 今回はその続き。ここまで来たので更に辿っておきます。

 レールを運ぶ、キヤE195系が並んだ越中島貨物駅の先には、専用線廃線が残っています。


f:id:masaru-arameya:20211013120507j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120510j:image

廃線跡はマンション横に「都有地」として残っていますね。奥の首都高深川線の


f:id:masaru-arameya:20211013120550j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120547j:image

先も確実に廃線跡の空間が広がります。回りこみますと、一部線路と鉄道設備が残されていました。その先運河を渡っていき、


f:id:masaru-arameya:20211013120632j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120630j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120637j:image

駐車場となっていますが、ここを抜けて、さらに豊洲運河を渡ります。橋脚が残されていますので、さらに回り込んでみますと、


f:id:masaru-arameya:20211013120718j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120720j:image

レールを模した遊歩道がありました、、、、線路幅も違うし、ここを走っていたわけではないので、違和感はありますが。。。

橋脚はどっしりと残されています。


f:id:masaru-arameya:20211013120749j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120752j:image

豊洲のオフィス街を抜けます。かつて廃線跡が広がっていたように記憶していますが、見る影もなくなりました。この辺りで豊洲方面と晴海に分岐していたんでしょうね。写真撮っておけばよかったな。春海橋に到着です。


f:id:masaru-arameya:20211013120838j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120835j:image

廃線跡業界(?)では有名な橋脚ですが、遊歩道化されるため、工事が始まっています。遊歩道として再利用されるのは大変よろこばしいことなのですが、都会の真ん中の廃線に木が生えて、というのも、それはそれで感じるものがあってね。。。


f:id:masaru-arameya:20211013120911j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120909j:image

その先も路盤は遊休地となっていますが、東京BRTの発着場となっていました。この辺りは元々貨物線のヤードになっていたように見えますね。


f:id:masaru-arameya:20211013120938j:image

f:id:masaru-arameya:20211013120936j:image

晴海ふ頭に伸びていた港湾局専用線ですので、そのまま晴海へ進みます。例の選手村は、復旧作業中のようで、通行止めが多く、通れる道は限られていました。


f:id:masaru-arameya:20211013121015j:image

f:id:masaru-arameya:20211013121010j:image

f:id:masaru-arameya:20211013121012j:image

 「メインダイニングホール」はまだ看板が残されていました。ここで餃子がバズったんですねー。この横くらいまで専用線は来ていたようですが。。。

 突端の晴海フェリーターミナルまで来たので、引き返しましょう。早くクルーズ船が入港できる日々に戻りますように。


f:id:masaru-arameya:20211013121041j:image

f:id:masaru-arameya:20211013121044j:image

 この日は新小岩から越中島貨物線と都港湾局専用線跡をつづけてポタしてきましたが、午後用事があり、その前の一ポタでした。そろそろ帰らなくては。

 豊洲市場の周りを巡って、東京湾の展望を楽しみながら、りんかい線東京テレポート駅から帰ることにします。


f:id:masaru-arameya:20211013121153j:image

f:id:masaru-arameya:20211013121150j:image

f:id:masaru-arameya:20211013121148j:image

 

 都内に残る鉄道遺産を味わいながら、一部廃線跡に建っていて今年の象徴の一つである「選手村」で、この夏の大運動会の「残り香」を感じることもできました。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

 

 

いつもの鶴見川 ご近所野菜リベンジ

 本日もランチタイム自転車エクササイズは、鶴見川。いつもの鷹野大橋と太尾公園を往復。プロミスシンデレラの木の下は、最近いつも誰かがいますね。


f:id:masaru-arameya:20211015144742j:image

f:id:masaru-arameya:20211015144807j:image

 昨日、うみたて卵は買いましたが、ご近所野菜は小松菜しか買えなかったのでリベンジ。鷹野大橋近くの自販機でお野菜たちをゲットです。今日もいろいろ出てました!

 立派なピーマンとニンニク、ほうれん草となす。そして、みかんも。

 先週もみかん買いましたが、まだ緑でした。季節が進んだことを感じます。

f:id:masaru-arameya:20211015144841j:image

 

ところで、昨日、

夕食は、親子丼と小松菜の炒め物で決まりです。

 とブログ書いてアップして、夕食つくろうとしたところ、ちょうど帰ってきたツマが、「小松菜は炒め物じゃなくて、クリームシチューがいい」と仰せられるので、、、、変更となりました。

 予断したブログを書いてしまったこと、お詫びし撤回させていただきます。。。

 

今日は立派なピーマンがゲットできたので、夕食は、チンジャオロースに決まりです。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

うみたて卵自販機めざして、横浜と川崎の境目を行く。

本日のランチタイムエクササイズ。いつもの鶴見川は風が強そうなので、矢上川沿いの台地に行きます。そうだ、うみたて卵の自動販売機があるので、買って来よう。

矢上川から日吉公園内の激坂を登ります。日吉公園は横浜市ですが、隣はすぐ川崎市


f:id:masaru-arameya:20211014130829j:image

f:id:masaru-arameya:20211014130826j:image

f:id:masaru-arameya:20211014130823j:image

左側が横浜市、右側は川崎市となる台地上の境目を進みます。蟹ヶ谷の先で、農地が広がり、空が広くなります。


f:id:masaru-arameya:20211014130854j:image

f:id:masaru-arameya:20211014130907j:image

久末団地を過ぎますと、近くの養鶏場の「うみたてたまご」のレトロな自販機があります。最初100円玉入れても、戻ってきてしまい、うまくいきませんでしたが、最終的には購入できました。

以前帰りに一つ割ってしまったので、今回は緩衝材も持参してきました!


f:id:masaru-arameya:20211014131006j:image

f:id:masaru-arameya:20211014130956j:image

さて、目的を果たして戻ります。

f:id:masaru-arameya:20211014163954p:plain


かなり台地の高低差があります。下って矢上川の方に戻って、


f:id:masaru-arameya:20211014131046j:image

f:id:masaru-arameya:20211014131200j:image

お昼休み終了です。

たまご自販機の近くの畑で、小松菜が売られていましたので、それも買ってきました。他にも畑の直売がないか、帰り道に偵察はしましたが、お昼だともう無くなっていますね。本日の戦利品は以下です。

f:id:masaru-arameya:20211014131301j:image

 この、たまごの自販機は横浜市側になりますが、横浜市内に、同じような養鶏所直営のたまご自販機他にあるのでしょうか??? 結構貴重ではないかと思います。

 今日の夕食は、親子丼と小松菜の炒め物で決まりです。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村