鉄☆輪☆温泉

鉄道に輪行して、サイクリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車での輪行旅、サイクリング、そのほかお出かけ記録を綴ります。

「森下」駅跡、青梅市・梅の湯、そして多摩川制覇!

    青梅で見つけた「此処に駅ありき」と書かれた石碑。

 台座には「中武馬車鉄道森下駅跡」とあります。帰ってからWikipedia調べてみました。

 1901年から1917年まで、入間川(現狭山市駅)から青梅の間を結んでいた馬車鉄道だそうで、この青梅駅は俗称森下駅とも呼ばれていたそうです。

 こちらの「岡崎」さんは、中武馬車鉄道の2代目社長さんの家系だそうで。なるほど。


f:id:masaru-arameya:20220630090753j:image

f:id:masaru-arameya:20220630090758j:image

 青梅の中心部は今回初めて来ました。ラッパ上の扇状地が広がっていて、多摩川はその南側を行きますが、北側に進めば入間方面ですね。道も箒のように広がるように分岐していくのが面白いですね。

 以下に「今昔マップ」を転載させていただきます。1900年前後の地形図では「中武馬車鉄道」と書かれていますね。これを参考に、今度辿ってみたいと思います。

 青梅といえば昭和レトロが有名で、これまで下車したこともないので、街中ポタポタしたい気もするのですが、暑くて疲れてしまい通過。。。


f:id:masaru-arameya:20220630090836j:image

f:id:masaru-arameya:20220630090829j:image

f:id:masaru-arameya:20220630090833j:image

 もう一つ、青梅といえば青梅鉄道公園ですが、これも行ったことがない。次回のこのエリアは、青梅鉄道公園+中武馬車鉄道跡で入間川サイクリングロードへ。と思いますが、涼しくなってからにしよう。。。

 午後には雷雨予報も出ていて、少し嫌な風も出てきました。河辺駅にやってきてこの日はもうおしまい。

 

f:id:masaru-arameya:20220630092134j:image

 河辺駅前のビルの5階、「梅の湯」で〆の一風呂いただきます。

 泉温29.2度のアルカリ単純泉とのことですが、かなりのぬるぬる感が感じられます。お肌ツルスベ。小さいながらも掛け流し浴槽があるのもいいですね!


f:id:masaru-arameya:20220630092138j:image

f:id:masaru-arameya:20220630092143j:image

 大きな荷物を置くスペースも用意されていて、登山客も立ち寄っているようです。駅前でこの泉質はなかなか無い。奥多摩帰りに青梅線を途中下車する価値はあると思いました。

 さて、今回は奥多摩駅から河辺駅までやってまいりましたが、5月に奥多摩駅から柳沢峠を越えましたし、

 

1月に河辺駅スタートで、ガス橋まで。

そして、ガス橋から多摩川河口とスカイブリッジまで行ったので、 

これにて多摩川を制覇したようなもの。今年の目標を一つ達成です!!

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
  

奥多摩駅から多摩川、青梅線に沿って

ホリデー快速おくたま号で奥多摩駅にやってきました。ここまで来れば涼しかろう。

ということは全くなく、暑い。。。6月の最終日曜日です。

ホリデー快速は便利ですが、グリーン車運用が始まると青梅から先、入れるのでしょうか?乗ってきた6両編成が回送されていきます。

こんな暑い日は下り基調に限ります。多摩川青梅線に沿いつつ参ります。


f:id:masaru-arameya:20220630084738j:image

f:id:masaru-arameya:20220630084743j:image

旧道に入ると一気に涼しくなります。奥多摩駅から徒歩で10分くらいの「もえぎの湯」。奥多摩駅で締めの一風呂ならココかなと思いますが、以前ハイキング上がりで立ち寄った時は激混みだったなぁ。その時には気づかなかったのですが、建物は旧道を使って、塞ぐように建てられているんですね。


f:id:masaru-arameya:20220630084813j:image

f:id:masaru-arameya:20220630084817j:image

まだ上流っぽい様相の多摩川を眺めつつ、青梅街道を行きますが、


f:id:masaru-arameya:20220630084920j:image

f:id:masaru-arameya:20220630084917j:image

f:id:masaru-arameya:20220630084923j:image

白丸付近の旧道に入って見ると何やら建物が。入ってみると、螺旋階段が地下深くへ、、、


f:id:masaru-arameya:20220630084954j:image

f:id:masaru-arameya:20220630084957j:image

グルグル降りて上を眺めるとこんな感じ。。。目がまわる。。。。

f:id:masaru-arameya:20220630085021j:image

こちらは「白丸魚道」です。魚が白丸ダムを避けて遡上できるように作られたそうで。地下に降りると「魚道」に魚がいるのが見られます。一段一段頑張って上ってください。私は下りますけど。


f:id:masaru-arameya:20220630085114j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085117j:image

最近ではドラマDCUのロケ地だったそうです。確かに異世界感じられるスポットですね。そして何より涼しいのがありがたい。。。上流側に進んで行くと


f:id:masaru-arameya:20220630085145j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085142j:image

 ダムの上流側、白丸湖に出ます。この白丸ダムの設置管理者は東京都交通局。ちょうど10時でPR館が開館したのでちょっと見学します。このPR館は昨年開館したそうでピカピカでした。都営交通で電気を使うなら電気をつくろう。ということのようです。

再生可能エネルギーPR館(エコっと白丸) | 東京都交通局

歴史的にも東京都電気局が現在の交通局前身だったんですね。なるほどね。

「魚道」も「PR館」も全く存在を知らずに来たこともあり、大変興味深く面白かった。


f:id:masaru-arameya:20220630085251j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085248j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085254j:image

さらに青梅線に沿って下ります。やはり山深い路線。

かつて「四季彩」という201系の観光列車が走ってましたけど、またそんな楽しい列車が走ってほしいものですね。できればサイクルラックもつけていただいて(笑)。

日陰はいいのですが、日なたはキツイ。。。御嶽駅につきました。


f:id:masaru-arameya:20220630085402j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085410j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085406j:image

路肩も狭く車も多い青梅街道に疲れて、少し線路沿いをポタポタと。


f:id:masaru-arameya:20220630085449j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085445j:image

沢井駅から下って行くと銘酒「澤乃井」の醸造元。立ち寄る気でいたのですが、駐車場が満車?みたいで、人がいそうだし、なんだか疲れを感じるので、通過。


f:id:masaru-arameya:20220630085514j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085510j:image

さっさと今日は終わろうとおもいます。

と進むと、「へそまん」という駅名票がありまして、つい引き寄せられて。

奥多摩名物へそまんじゅう。お土産とその場で食べるものを1つお願いしたら、オマケでもう1つ下さいました。蒸し立ては美味しく、甘さを引き立つ塩も感じるので熱中症対策にも良かったでしょうかね。


f:id:masaru-arameya:20220630085606j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085610j:image

すぐ横の神代橋から多摩川河岸段丘が望めます。


f:id:masaru-arameya:20220630085654j:image

f:id:masaru-arameya:20220630085649j:image

 青梅中心部が近づいて、都営バスの青梅車庫が出てきました。正式には早稲田自動車営業所青梅支所。

 飛び地のように都営バスが青梅地区を走っているのも面白いですが、現在は花小金井駅〜青梅車庫間に短くなったとは言え、それでも長い梅70系統や、埼玉県内を少し走る都営バス路線があるというのも、なんか面白い。

f:id:masaru-arameya:20220630090713j:image

いよいよ青梅の中心部かと思っていると、左手に不思議な駅名標が。「岡崎」って、ここ青梅だし。お店の名前のようです。なーんだ。さっきの「へそまん」みたいに駅名標つくるのが流行ってたのかな。と思いつつ、下の石碑に目をやると。

「此処に駅有りき」

何ですと。。。!!?? 続く。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

 

東急東横線・目黒線 展望デッキの夜

今晩は、武蔵小杉で飲んだので、

f:id:masaru-arameya:20220629230419j:image

酔い覚ましに東急東横線の線路上空、展望デッキにやってきました。

ここは東急東横線目黒線を上から望めるテツスポットですが、

9000系の側面が張られていて

f:id:masaru-arameya:20220629222952j:image

現在の位置に武蔵小杉駅ができる以前、

少し横浜よりにあった工業都市駅の写真等が掲示されていて見入ってしまいます。

f:id:masaru-arameya:20220629211702j:image

相互直通乗り入れ車両の写真も掲示ありましたが、f:id:masaru-arameya:20220629211724j:image

例えば西武40000系はないし、メトロ7000系も引退したし、掲示内容がちょっと古くなってきたかな。

横浜線開業したら更新してくれるかな?
f:id:masaru-arameya:20220629223500j:image
ご近所なのですが、初めて足を踏み入れました。

何回かチラ見はしましたが、子鉄ママ鉄でいつも一杯なので、オジ鉄?は遠慮してました。

21時まで入れます。

f:id:masaru-arameya:20220629211714j:image

トマト等野菜も栽培されてました。

アベックが広場来て「あ、間違えた」と言って戻りました。そのドアはエレベーターではないのですよ。
f:id:masaru-arameya:20220629211727j:image

工業都市から、タワマン都市になった武蔵小杉。
f:id:masaru-arameya:20220629211711j:image

 しかし、暑くて酔い覚ましになりません。。。むしろここで、電車見ながらビール飲みたくなりますが。。。飲食はご法度。。。。