鉄輪☆温泉

鉄道に輪行してポタリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車×鉄道ライフとお出かけ記録をつづります。

日立電鉄跡ポタ③久慈浜~常北太田

久慈浜駅は日立電鉄の車庫があった中核駅。

跡地は図書館に。駅名標やレールが設置されて、


f:id:masaru-arameya:20221210190745j:image

f:id:masaru-arameya:20221210190749j:image

日立電鉄の歩み」や

f:id:masaru-arameya:20221210190819j:image
 走っていた車両等の解説がされています。

 最初は久慈浜~大甕間が開業。海産物輸送が期待され、魚の油で車輪が空転するほどだったとか。次に常北太田~久慈浜までが開業。

 戦争特需により日立各工場への通勤客確保のため1944年に大甕~鮎川が開業したという歴史です。

f:id:masaru-arameya:20221210190824j:image

 2000形車両は元銀座線の車両を改造したもの。

 先日、銚子電鉄仲ノ町駅で元銀座線1000形を見ましたので、同じく元銀座線車両が走っていた日立電鉄跡ポタに行こうと思ったのですが、

 Wikipediaには、その車両は日立電鉄に導入される予定がキャンセルになって銚子電鉄に行ったようなことが書かれています。ある意味、縁があったわけですね。

 ちなみに日立電鉄に移ってきた車両のいくつかは日立製だったとのこと。逆に言えば日立製ではない車両もあったのでしょうかね。

f:id:masaru-arameya:20221210190909p:image

それでは起点の常北太田へ向かいましょう。

 

久慈浜駅の先は住宅地の短い緑道になっています。

「バイク通行禁止 歩行者専用」。。。自転車OKってことで。


f:id:masaru-arameya:20221210190959j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191003j:image

 突き当たり登っていく道路に上がると、トンネルが塞がれています。この坂道は日立電鉄廃線になってからできたのでしょうか。

 小山を日立電鉄はトンネルで抜けていきますが、その上を常磐線切通しで通っています。不思議な立体交差になっていたのですね。


f:id:masaru-arameya:20221210191212j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191219j:image

進行方向が変わって、小山に沿って進みます。

高野駅がこの辺に。通り過ぎかけたので後ろ向きに。久慈浜方面を向いてます。


f:id:masaru-arameya:20221210191352j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191356j:image

道路拡張に廃線跡が使われたのでしょうか。歩道右手にはバラストが見られます。


f:id:masaru-arameya:20221210191442j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191447j:image

茂宮駅跡付近を過ぎて、大橋駅跡付近(これも通りすぎかけて後ろ向き写真)の


f:id:masaru-arameya:20221210191800j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191803j:image

先からは、田んぼの中を進んでいきます。


f:id:masaru-arameya:20221210191910j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191915j:image

f:id:masaru-arameya:20221210191918j:image

常磐道をくぐると、踏み切り跡に線路が残されていました。

f:id:masaru-arameya:20221210191956j:image

水路を跨ぐ橋脚や踏切跡には、


f:id:masaru-arameya:20221210192032j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192037j:image

まだ踏切の標識も残っていたり。


f:id:masaru-arameya:20221210192137j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192141j:image

川中子駅跡付近には農協施設があります。

ここから農産品輸送も昔は行われていたのでしょうか??


f:id:masaru-arameya:20221210192239j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192242j:image

川中子駅跡からは道路になっていましたが、この先未整備。


f:id:masaru-arameya:20221210192345j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192349j:image

まわり込んで、常陸岡田駅跡。バス停だけがポツンと立っています。

平日朝一便だけバスがここに入ってきて、転回していくようです。


f:id:masaru-arameya:20221210192513j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192519j:image

小沢駅跡には町内会館が建っていました。その先、里川をわたります。


f:id:masaru-arameya:20221210192816j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192819j:image

川の反対側にまわってきました。土手の上に路盤が残り、堤防沿いの道路に橋がかかっていたようですが、その先は


f:id:masaru-arameya:20221210192849j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192854j:image

きれいな道路に整備されています。さらにその先も整備中。迂回して


f:id:masaru-arameya:20221210192948j:image

f:id:masaru-arameya:20221210192951j:image

住宅街の真ん中を緩くカーブすると、


f:id:masaru-arameya:20221210193059j:image

f:id:masaru-arameya:20221210193102j:image

とても広い敷地のドラッグストアに到着です。こちらが起点だった、常北太田駅の跡地ですね。


f:id:masaru-arameya:20221210193202j:image

f:id:masaru-arameya:20221210193205j:image

道路を挟んで、JR水郡線常陸太田駅があります。

f:id:masaru-arameya:20221212110945j:image

 今年の春には常陸太田駅まで来ましたので、ログつなげ完了!

 当時の車両や駅建物が残されていないのは、少し残念ですが、 

 廃線跡はかなり残っていますし、バス専用道に一部転換されて、引き続き地域の重要な公共交通の役割を担っていることも、大変興味深かったです。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

 走行距離27.87㎞

 日立駅10:05→鮎川駅跡10:30→河原子(BRT)10:50→大甕駅11:20→久慈浜駅跡11:35→常陸岡田駅跡12:20→常陸太田駅12:45