鉄・輪・温泉~てつ・りん・おんせん~ 

鉄道に輪行して、サイクリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車での輪行旅、サイクリングの記録をメインで公開しています。

越中島貨物線ポタ

今回は通称:越中島貨物線に沿ってポタ。

新小岩駅ホームから東京方を見まして、一番右に草むした貨物線が見えます。新小岩駅をスタート。モンチッチ推しなんですね。


f:id:masaru-arameya:20211010141954j:image

f:id:masaru-arameya:20211010141951j:image

今年の春、通称:新金線にそって金町から新小岩までポタしていますので、今回はその続き。どちらも総武本線の支線になりますが、

 

越中島貨物線は非電化。中川を渡る一番手前の橋は架線がありません。


f:id:masaru-arameya:20211010142046j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142048j:image

平井駅を通って、旧中川を渡った後、


f:id:masaru-arameya:20211010142201j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142157j:image

亀戸駅手前で、貨物線は総武線の南側に跨いでいきます。私も東武亀戸線の踏切を渡っり、低いガードを頭をすくめて、南側に回り込みます。


f:id:masaru-arameya:20211010142421j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142544j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142533j:image

亀戸駅の南側を通って、左に大きくカーブ。総武本線を離れ、京葉道路を渡り南に進路を変えます。


f:id:masaru-arameya:20211010142707j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142710j:image

現在は単線ですが、橋脚を見ても、橋を下から見上げても、かつて複線だったことがわかります。


f:id:masaru-arameya:20211010142741j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142744j:image

堅川橋梁が見えます。赤いトラス橋で、橋台もレンガ造り。とてもカッコよいですが、上の首都高がね、、、、、、反対側に回り込んでみます。


f:id:masaru-arameya:20211010142832j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142829j:image

運河の上に、鉄道橋が架かった後、首都高ができて、、、東京の発展の歴史が重層的に観察できました。

この堅川橋梁の横には、水上アスレチックなるものが。めちゃくちゃやってみたいぞ!!と思いつつ、美しい橋脚を見ながら、一休み。スマホを見てみると、、、

Stravaが動いてない。。。。新小岩からのログが残せていませんでした。せっかく新金線から貨物線沿いログをつなげようと思ってきたのに...泣


f:id:masaru-arameya:20211010142917j:image

f:id:masaru-arameya:20211010142914j:image

気を取り直して、先に進みます。越中島貨物線は、なお南下して、小名木川を渡ります。私は小名木川クローバー橋まで迂回していきまして、


f:id:masaru-arameya:20211010143034j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143031j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143028j:image

小名木川貨物駅跡に到着です。現在はショッピングモールArioとマンション群になっています。小名木川貨物駅は1929年に開設され、2000年に廃止となりました。貨物駅にスイッチバックして入っていたのですね。そのため線路の位置が下がってきます。


f:id:masaru-arameya:20211010143214j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143212j:image

複線だった線路跡を利用した南砂線路公園がありまして、越中島貨物線と並走できます。マンション群の中を非電化単線と並走、、、なんかギャップがいいですね。


f:id:masaru-arameya:20211010143340j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143338j:image

貨物線はさらに南へ伸びていきます。踏切から見ますと、線路だけ時の流れが違うように感じます。


f:id:masaru-arameya:20211010143431j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143434j:image

南砂緑道公園にはいりますと、車輪が置いてあります。城東電気軌道(都電砂町線)の廃線跡が緑道公園になっているのですね。これまた事前リサーチ不足。。。城東電気軌道の跡があることは雑誌で見てはいましたが、頭の中でリンクしてませんでしたので、突然出てきてびっくりでした。

橋脚にも「越中島線 城東電軌こ線ガード」とあり、正式名称として残っていることに、テンションがあがります!!少々城東電気軌道跡を進みます。

ちなみにこの辺軌道跡が不思議なカーブをしていますが、かつて汽車製造会社の工場があり、その縁を通っていたようですね。そこで製造された機関車が越中島貨物線で送り込みされていたわけですね。


f:id:masaru-arameya:20211010143529j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143524j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143527j:image

右にカーブして越中島貨物駅になります。敷地の一部は今ではJRバス関東の支店、たくさんの高速バス車両が見えました。隣には東京メトロの深川検車区があって東西線車両が並んでいます。


f:id:masaru-arameya:20211010143647j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143644j:image

深川検車区を回り込むと、自転車歩行者専用のループ橋「しおかぜ橋」があります。これは面白い橋ですね。上がってみますと、越中島貨物駅が望めます。ちなみに一番右の線路は京葉線が地下から出てきたところ。京葉線に乗るたびに、越中島貨物駅とつなげればいいのに、と思ってしまうのですが。


f:id:masaru-arameya:20211010143751j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143748j:image

この越中島貨物駅ですが、現在ではJR東日本の「東京レールセンター」が置かれていて、レールの基地となっています。そのため越中島貨物線はレール運搬専門の貨物線となったと言ってよいでしょう。レールを運搬するキヤE195系が留置されていました。ちなみに、レール運搬の流れは、JR東日本の公式プレス資料がわかりやすいのでリンクさせていただきます。

https://www.jreast.co.jp/press/2017/20170902.pdf


f:id:masaru-arameya:20211010143853j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143858j:image

f:id:masaru-arameya:20211010143856j:image

 

ダイヤ上は1日3往復設定があるようですが、並走はできませんでした。関東周辺の日々の生活を支える縁の下の力持ちと言っても過言ではない、越中島貨物線でした。

新小岩から堅川橋梁までのログがとれていなかったのが残念。。。上記STRAVAのログは、堅川橋梁から。次の機会は城東電気軌道跡ポタをしつつ、新小岩からのログをつなげたいと思います。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

尾根緑道と南町田グランベリーパークで夢膨らむ。

この日は、出かける家族についてきました。私は自転車担いで。

相模原で用事を済ませてから、次の目的地、南町田グランベリーパークには、私は自転車で向かいます。

 

一部返還が進む広大な補給廠、相模原駅の反対側からログはスタート。上流の雰囲気がある境川を渡ります。境川の源流もいいところでしたよ。

 


f:id:masaru-arameya:20211012055033j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055036j:image

尾根幹線道路を登ります。小山長池トンネルを抜けて


f:id:masaru-arameya:20211012055127j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055130j:image

神奈中バスの多摩営業所の横から尾根緑道に上がります。


f:id:masaru-arameya:20211012055215j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055217j:image

落ち葉が増えて秋の気配が感じられます。


f:id:masaru-arameya:20211012062105j:image

f:id:masaru-arameya:20211012062108j:image

雲が出ていて、丹沢はあまり望めません。


f:id:masaru-arameya:20211012055358j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055400j:image

下り基調の尾根緑道が終わり、桜美林大学のあたりから境川へ出て、そのまま南町田グランベリーパークへ。新しくなってから初めて来ました。


f:id:masaru-arameya:20211012055521j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055524j:image

グランベリーパークには、キャンピングカーメーカーのトイファクトリーのショールームがあります。6WHEELS TRAVELERスタイルというコンセプトでキャンピングカーと折りたたみ自転車が展示されています。前から見てみたかったのですよ。

キャンピングカーに自転車載せて旅、、、なんと自由で理想的。。。夢膨らませて、帰路につきます。

鶴見川沿いに自宅まで帰ろうとしましたが、鶴見川に出ると向かい風が強く心が折れてしまいました。グリーンライン川和町駅から輪行しちゃいます。


f:id:masaru-arameya:20211012055610j:image

f:id:masaru-arameya:20211012055607j:image

夢膨らみますが、先立つものや家族の賛同等ハードルはいろいろありますね。。。。まずは、キャンピングカーレンタル体験してみようかしら。。。。

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

伊豆箱根鉄道サイクルトレインに載せて伊豆長岡温泉へ。

狩野川を遡り、修善寺駅に到着しました。締めの一風呂に向かいます!!折りたたまない輪行、第三弾。

伊豆箱根鉄道駿豆線サイクルトレインに載せて伊豆長岡温泉に向かいます。修善寺温泉も考えましたが、鉄・輪・温泉的にはこちらアクティビティの方が心惹かれます。

駅を入るときに、駅員さんに前と後ろどちらに載せるか聞かれました。乗務員さんに伝えられるのかしら。前にしましょう。

お、停車しているのはフラッグシップ、7000系です。


f:id:masaru-arameya:20211002205216j:image

f:id:masaru-arameya:20211002205213j:image

ホームを一番前まで向かいます。7000系は、真ん中の車両は2扉というのが特徴的。


f:id:masaru-arameya:20211002205359j:image

f:id:masaru-arameya:20211002205357j:image

車内は転換クロスシートで快適そうなのですが、、、


f:id:masaru-arameya:20211002205439j:image

f:id:masaru-arameya:20211002205442j:image

自転車の持ち込み可能スペースは前方もしくは後方運転席の前で、座席はなく、、、座りごごちはまたの機会に。

同じグループですが、西武多摩川線のような固定用テープはありませんので、

片手で自転車を支えながら、前面展望かぶりつきでまいります。


f:id:masaru-arameya:20211002205629j:image

f:id:masaru-arameya:20211002205627j:image

 伊豆箱根鉄道駿豆線は、土休日の場合は7時台~17時台に三島、修善寺それぞれ発車の電車に自転車をのせることができます。

 あっという間に伊豆長岡駅に到着。鉄道はほんと、ワープだ。。。。

 駅前の観光案内所に行ってみます。そこで、おススメされたのが、伊豆箱根鉄道の湯ったりきっぷ。伊豆長岡駅から片道のバス+特定の旅館の日帰り温泉に入れる切符で伊豆長岡発だと750円。(※他の駅からだと電車代込の料金設定)

 バスは使わないけど、日帰り入浴料が1000円以上が確実の施設ばかり。せっかくなので、その切符を利用することにして、対象施設から選ぶことにしましょう。宣言明け間もないですし、電話して日帰り可能か確認しました。


f:id:masaru-arameya:20211002210310j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210313j:image

 伊豆長岡温泉は、駅の狩野川対岸にある小山の周りに広がっている感じ。駅から2kmくらい。自転車がちょうどよい距離ですね。そういえば以前来た時はレンタサイクル使いました。

先ほど脇を通過した千歳橋を渡りまして、


f:id:masaru-arameya:20211002210348j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210346j:image

伊豆長岡温泉エリアに入ります。狩野川近くにも旅館がありますが、今回はあの山の裏側に回ります。


f:id:masaru-arameya:20211002210514j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210511j:image

伊豆箱根鉄道バスの「温泉場」駅。昔ながらのバスのホームがあってレトロな雰囲気も残るメインストリートを通ります。


f:id:masaru-arameya:20211002210603j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210605j:image

そして、今回は「いづみ荘」のお風呂を頂きます。伊豆長岡温泉の一号泉のお風呂です。アルカリ単純泉で、とてもやさしくやわらかなお湯を堪能!お風呂の雰囲気も大変よかったです。あーこのまま泊まれたら最高なんだけど。。。


f:id:masaru-arameya:20211002210819j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210601j:image

風が涼しく、気持ちのよい湯上り。山を一周して、伊豆長岡駅に向かいます。軽く登って狩野川側に下りますと、


f:id:masaru-arameya:20211002210919j:image

f:id:masaru-arameya:20211002210916j:image

狩野川放水路に出てきました。前日は台風でしたが、水がほとんどなし。放水路には水がいつも流れているのかと思っていたのですが、違うのですね。こんなに大規模な放水路建設に至った狩野川台風の被害は甚大だったのですね。。。


f:id:masaru-arameya:20211002211027j:image

f:id:masaru-arameya:20211002211030j:image

千歳川のたもとにも狩野川台風被害の石碑がありました。本日は穏やかな流れでしたが、最後に狩野川の厳しさも思いつつ、伊豆長岡駅に戻ってきました。


f:id:masaru-arameya:20211002211140j:image

f:id:masaru-arameya:20211002211138j:image

伊豆箱根鉄道輪行して帰宅です。先頭にはロードバイクをのせている方がいました。私は三島からJRですので、伊豆長岡でパッキングしました。


f:id:masaru-arameya:20211002211225j:image

f:id:masaru-arameya:20211002211222j:image

f:id:masaru-arameya:20211002211526j:image

この日は一日で、岳南鉄道から伊豆箱根鉄道をつないで、駿豆の良いとこどりをしてきました!途中下車してポタをするには、サイクルトレインはとても便利でした!!

↓こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村