鉄☆輪☆温泉

鉄道に輪行して、サイクリング。締めは温泉へ!折りたたみ自転車での輪行旅、サイクリング、そのほかお出かけ記録を綴ります。

VELMO Pegasusに試乗②走行編(りんりんロード、不動峠)

 VELMO Pegasusを試走します。

 電動アシスト自転車は、バッテリーの分車体は重くなるわけですが、

 「アシスト無しでも普通に走ることができるのか?」ということが、まず気になりました。そこが自転車としての本質ではないかと思います。

 土浦駅から、筑波鉄道跡「りんりんロード」を旧虫掛駅(虫掛休憩所)まで、アシスト無しで進んでみることに。

f:id:masaru-arameya:20220721074505j:image

 それが平地では重く感じるということは、全くありませんでした。快調そのもの。

 私の自転車が18インチで、こちらは20インチ。むしろひと漕ぎで前に進む距離が長い感覚すらありました。普通に20kmくらいで巡航。旧虫掛駅に到着です。

 ここからアシストしてもらいます!

f:id:masaru-arameya:20220721074516j:image

 電池残量は95%でスタート。電動アシストレベルは、1から5まで。

 時速24kmまでがアシスト範囲とのことです。

 レベル1でも十分なアシストだと思いました。引き続き20km前後で巡航します。サイクリングロードはところどころ一時停止がありますが、リスタートするのに、まあラクなこと!

 気温35度予報の暑さですが、スイスイ進んでしまい、旧常陸藤沢駅(藤沢休憩所)に到着です。私、ここの雰囲気好きなんで、毎回休憩してしまいますけど。

f:id:masaru-arameya:20220721074458j:image

そして、「北条大池不動チャレンジ」の標識まで、やってきました。一昨日登ったばかりですが、ヒルクライムして、比較してみようと思います!!f:id:masaru-arameya:20220721074455j:image

峠道ですからライトON!ライトは標準装備で、バッテリーから電源供給されます。f:id:masaru-arameya:20220721074508j:image

 写真ではディスプレイに筋入ってしまいましたが、、、バッテリー残量は85%。虫掛休憩所から不動峠登り口まで、約14kmでしたが、10%しかバッテリー消費してません。ほとんどアシストレベル1しか使っていないですが、平地でしたら消費量少なくすむのですね。

 アシストレベルを最大5にして、ヒルクライム、スタート!

 一昨日と同じくらいのペースでペダルを回しますが、スピードメーターは15km前後の表示が維持されます。

 補機「EF63」に押されて189系「あさま」が、碓氷峠を一定のペースでジワジワ登っていくような気分。ちなみに、この機関車のことです。


f:id:masaru-arameya:20220723141841j:image

f:id:masaru-arameya:20220723141837j:image

f:id:masaru-arameya:20220723141833j:image

 西で言えばセノハチEF67でしょうか 。。。我ながら完璧な例え。伝わらない。。。?

 もう少し言い換えますと、急勾配を登るケーブルカーになっている感覚ですね。

 平地同様、足を回せば、前にドンドン押し上げてもらえます。サクサク半分来まして、

f:id:masaru-arameya:20220721074448j:image
最後の10%の上りも、軽々と。。。あっというまの不動峠到着です。

Stravaでは、

16分52秒。。。一昨日は32分40秒でしたから、

 ほぼ半分の時間、倍速です。。。私は一昨日と同じペースを心がけゆっくりペダルを回しているだけなのに、、、魔法だ。。。

 一昨日はランナーに抜かれましたけど、少なくともこれなら抜かれることはないでしょうね(笑)。

 しかし、これより早い10分で登る人はすごいなぁ。。。

 残りのバッテリーは73%。このヒルクライムで消費したバッテリーはたった12%。

 まだまだバッテリーもありますので、この後も存分に遊ばせてもらいました。(そこはまた別途書かせてください。)

 この日の試乗ルート全体はコチラ。

 

 

 不動峠から、さらにヒルクライムした後は、夕方の向かい風の中、りんりんロードをアシストレベル3、20㎞で巡航しました。

 全行程53.5㎞走って、土浦駅に到着してもバッテリー残量は10%。予備バッテリーを使用しなくて済みました。

【走行感想まとめ】

 ・平地では、アシストなしでも重さは感じませんでした。

  今回の試乗車は7段ギアですが、現行モデルは仕様変更により9段ギアになっているとのこと。電動アシストを抜きにして、自転車としてのポテンシャルの高さを感じました。

 ・一時停止からのリスタートでも当然アシスト効果を感じますが、このPegasusのアシストの価値は上り坂、ヒルクライムにあるのではないでしょうか。平地と変わらず進んでいくといっても過言ではありません。無理せず「倍速」で登ることができました。

 ・私なら普段の輪行サイクリングは50㎞前後ですから、峠越えしても、予備電池なくても問題ないということですね。使い方によるでしょうけど、「予備電池使って100㎞走行可能」というのは本当だなと思いました。どこでも行けちゃう気がしますね。

 なお、登り坂で電動アシストなしを試しましたが、とても重さを感じました。上り途中で切れるのは、やっぱりきつくなると思いますので、バッテリーの残りを考えつつ、使用した方がいいですね。(当たり前ですけど。)

f:id:masaru-arameya:20220721224250j:image

 VELMOにはQ2とPegasusとありますが、Q2が街乗り向けコンセプトで、Pegasusは「旅などにもっていきたい人向けのコンセプト」だそうです。

 まさにコンセプト通りの電動アシスト折りたたみ自転車でした。「良いとこどりの自由」の翼が広がりますね。その名の通り。

 ご関心がありましたら、まずはホームページから、ご試乗もしくはレンタサイクルをおすすめします。

 自転車を買うなら、まずは試乗するのが大事だと思います。

bit.ly

 

f:id:masaru-arameya:20220721224247j:image

 いやー、すっかり欲しくなってしまったなぁ。。。私のお小遣い、なんとかならないものでしょうか。。。

 VELMO Pegasusで、「EF63」に押される「あさま」気分で、碓氷峠を登りに行きたい~。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ